Beauty Column

眉毛サロンで育毛は可能?眉毛が薄い人の対処法と自分でできるケア方法

眉毛が薄いことをコンプレックスに感じている方も少なくないでしょう。

中には、眉毛サロンでケアを実施しようと考えている方もいます。

眉毛サロンでは、眉毛を育毛することはできるのでしょうか?

また、自分でできる育毛ケアはあるのでしょうか?

今回の記事では、自分でできる育毛方法や眉毛が薄いときの対処方法について解説します。

 

眉毛サロンで育毛できる?


眉毛が薄くてなかなか生えずに悩んでいるという方は多く見受けられます。

もともと眉毛が薄い方や、眉毛を毛抜きで抜いてしまった方、肌が荒れてしまったという方は、眉毛はなかなか生えてきません。

眉毛サロンでは、理想の眉毛を育てるためにケアメニューを導入しているところもあります。

そのようなところでは、専門的な知識をもつスタッフに眉毛の状態を見てもらい、改善方法を提案してもらえます。

 

カットやワックスは眉毛が薄いとできないのか

眉毛サロンでは、ケアメニューのほかにカットやワックスの施術を受けることができます。

プロによって眉毛を整えてもらうことで綺麗な仕上がりを目指せるのです。

しかし、眉毛が薄いと施術を受けられない可能性があります。

デザインの幅が制限されてしまい、理想の眉毛を作れないためです。

そのような場合は眉毛サロンのスタッフに相談して、眉毛を育成するところからスタートするとよいでしょう。

 

眉毛エクステもおすすめ

眉毛が上手く生えてこないという方は、眉毛エクステも検討してみましょう。

眉毛エクステとは、まつげエクステと同じような手順で、ピンセットとグルーを使って1本1本眉毛をつけていく施術です。

眉毛エクステをすることで眉毛の量を増やすことができるので、眉毛に立体感が生まれます。

また、眉毛のメイクにかける時間を短縮させることもできます。

ただ、眉毛エクステの持続期間は2週間前後と短く、頻繁に眉毛サロンに通わなくてはいけません。

また、エクステをつけることで眉毛に負担がかかる可能性があるので、デメリットを踏まえた上で施術を受けることが大切です。

 

眉毛が薄いとどんな印象を与える?


まず、眉毛が薄いと、人にどのような印象を与えるのでしょうか。

 

顔の印象が残りにくい

眉毛が薄い人は顔の印象が残りにくくなることが懸念されます。

眉毛は顔の印象を左右する大事なパーツなので、眉毛が薄いと顔がパッとしません。

不機嫌そうな顔に見えてしまい、印象が悪くなることもあります。

実際にすっぴんで眉毛がない方は、すっぴんとメイクの顔にギャップがあると感じる人もいるのではないでしょうか。

もちろん、眉毛が薄いことが魅力になることもありますが、顔の印象をはっきりとさせたい人は育毛するとよいでしょう。

 

老けて見られる

眉毛が薄いと老けて見られることがあります。

眉毛の印象は、加齢とともに薄くなっていってしまいます。

そのため、眉毛が薄い人は実年齢よりも老けて見られやすくなります。

「すっぴんになると急に老ける」という人は、眉毛が原因かもしれません。

逆に言えば、眉毛をケアすることで若く見られやすい自分を目指せるということです。

それでは、眉毛を育てるためにどのようなケアをすればいいのでしょうか?

 

自分でできる育毛方法とは?


ここでは、自分でできる眉毛の育毛方法を紹介します。

 

しっかりと洗浄する

まず眉毛の皮膚トラブルを防ぐために、しっかりと洗浄することが重要です。

眉毛はおでこや鼻、頬などの部位と同様に皮脂腺が集まっており、余分な皮脂が付着している可能性があります。

このような皮脂や汚れをそのまま放置していると、毛穴が詰まってしまい、健康的な眉毛が生えてこない可能性があります。

また、肌トラブルが起きる可能性があるので、 皮脂や汚れを洗浄するようにしましょう。

 

眉毛の周りをマッサージする

眉毛の育毛を促進するために、眉毛の周りをマッサージするとよいでしょう。

親指と人差し指で眉毛を優しく挟みながら、眉頭から眉尻に向けてマッサージしてください。

マッサージによって血行が促進されるので、栄養素などが行き渡りやすくなります。

そうすることで眉毛が成長しやすくなるのです。

スキンケアを実施する際などにあわせてマッサージするとよいでしょう。

スクリューブラシを使ってブラッシングするのも効果的です。

 

栄養を摂取する

健康的な眉毛を育てるためには、栄養を摂取することが大切です。

バランスの良い食事を心がけることで、眉毛を育てるのに必要な栄養素を摂ることができます。

例えば、ほうれん草や牛乳、納豆などに含まれるビタミンB群は、細胞を活性化させる効果があります。

また、イワシやアジ、肉類に含まれる亜鉛は抜け毛を防ぐのに有効です。

外食が多い方やジャンクフードを好む方は、栄養素が偏ってしまう可能性があるので、サプリメントなどを活用して栄養素を補うことをおすすめします。

 

眉毛美容液を塗る

健康な眉毛を成長させることができる眉毛美容液を活用してみてもいいかもしれません。

眉毛美容液とは、眉毛にコシやハリ、ツヤを加えるためのものです。

眉毛のボリュームがなくなった、眉毛の印象が薄いという方から人気を集めています。

 

育毛剤を塗る

眉毛を本格的に生やしたいという方は、育毛剤を塗るとよいでしょう。

眉毛育毛剤とは「医薬品」、または「医薬部外品」に該当するアイテムです。

育毛成分が含まれており、眉毛が抜けるのを防止して、新しい毛が生えてくるのを促進します。

ドラックストアで購入するか、病院で処方してもらうかして入手します。

製品によって含まれている成分や期待できる効果が異なるので、自分にあった眉毛育毛剤を選ぶことが大切です。

眉毛育毛剤を選ぶときは、容器などにも注目して選ぶとよいでしょう。

容器によって使いやすさが異なります。

チップやブラシがついているタイプや、筆で塗るタイプの眉毛育毛剤といったさまざまなタイプの眉毛育毛剤が販売されています。

眉毛育毛剤は継続して使用することで効果を得られるアイテムです。

持ち運びが便利なタイプや手を汚さないタイプもあるので、自分にとって使いやすいアイテムを選びましょう。

 

眉毛が薄いときの応急処置


眉毛は一度抜けてしまった場合、生えてくるまである程度の時間が必要になります。

それでは、眉毛が生えるまでどのように対処すればいいのでしょうか?

 

メイク

メイクでカバーするのもひとつの手段です。

メイクによって眉毛のボリュームを出すことができます。

アイブロウパウダーやペンシル、マスカラなどのアイテムを使って、メイクをしていきましょう。

眉毛を描くときは眉頭と眉山、眉尻を意識することが大切です。

 

前髪で隠す

前髪で眉毛を隠すのもよいでしょう。

眉毛が隠れた状態になるので、眉毛の薄さが気になりません。

ただ、風が吹いてしまったり、前髪が乱れたりすると、眉毛が見えてしまう可能性があります。

前髪をスプレーで固めるなどして工夫するとよいでしょう。

 

アートメイク

眉毛が薄い場合、アートメイクも検討するとよいでしょう。

アートメイクとは皮膚のごく浅い部分に色素を入れる医療行為のことです。

眉毛を整えるカットやワックスとは異なり、着色するので効果が1〜3年程度持続します。

眉毛サロンや眉毛エクステとは違い、自分の眉毛を生やしたいところに眉毛を作ることができるため、眉毛が薄くて悩んでいる人でも問題なく綺麗な眉毛を作ることができます。

すっぴんでも綺麗な眉毛の状態を維持できますし、好きなデザインを作れるので、近年注目を集めています。

 

眉毛を生やそう


今回の記事では、眉毛が薄い人やなかなか生えてこない人に向けて、眉毛が薄い人が与える印象や自分でできる育毛方法、眉毛が薄いときの対処方法を解説しました。

眉毛が薄いと顔の印象も薄くなってしまったり、老けて見られてしまう場合があります。

そのようなことを防ぐためにも、眉毛エクステや眉毛美容液、育毛剤などを活用したり、マッサージをしたりして育毛ケアを行うことが大切です。

眉毛が薄くて悩んでいる方や、綺麗な眉毛を長期間維持したい方はアートメイクを検討してみるとよいでしょう。

エムビューティークリニックはアートメイクなどの美容医療を手掛けるクリニックです。

経験豊富なスタッフがお客様に合わせた眉毛デザインを提案します。

興味のある方は、ぜひ1度、足を運んでみてください。

この記事の監修者
エムビューティクリニック 理事長 長宗我部 真侑
プロフィール
  • 平成23年3月 東海大学医学部医学科卒業
  • 平成25年3月 順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床研修医修了
  • 平成28年3月 順天堂大学大学院医学研究科博士課程修了
  • 平成28年4月 順天堂大学医学部 助教
  • 平成30年5月 医療法人社団順真会理事長就任
カウンセリング専用ダイヤル
0120-703-114
0120-703-114
受付時間 11:00~20:00 休診日 不定休
Page TOP