Beauty Column

リップアートメイクは痛みが強い?痛みを抑える方法などをご紹介

リップのアートメイクを調べた際、痛みが強いというワードが出てきて不安になったという方も多いかもしれません。

本当にリップのアートメイクは痛みが強いのか、痛みを和らげる方法はあるのか気になっている方は多いことでしょう。

今回はリップアートメイクの痛みをご説明していきます。

リップアートメイクの痛みを抑える方法や施術後のアフターケア方法など、リップアートメイクの痛みを気にしている人にぜひ確認していただきたい内容です。

リップアートメイクの痛みは強い?

鏡に向かって顔を気にする女性

アートメイクを調べた際、リップの痛みが強いという情報を見たことがある方もいるかもしれません。

ここでは、リップアートメイクの痛みについて解説していきます。

他の部位と比較すると痛みは強め

リップのアートメイクは痛みが強いと言われることがありますが、リップのアートメイクは本当に痛みが強いのでしょうか。

唇は他の部位と比べると皮膚が薄く刺激にも敏感に反応するため、アートメイクの施術時に痛みを強く感じる可能性があります。

我慢できないほどではありませんが、ヒリヒリとした痛みを感じることがありますので、異変を感じた場合はすぐに施術者に伝えてください。

眉毛やアイラインなどでアートメイクを経験したことがある方でも、リップアートメイクの痛みは心構えとして覚えておくようにしましょう。

麻酔で痛みを軽減できる

アートメイクは医療行為であり、施術はクリニックで行うことが定められています。

クリニックには医療資格を有する医師が常駐しているため、麻酔を使用することができ、リップアートメイクの痛みを軽減することができます。

麻酔の種類はクリニックによって異なりますので、手術や体質に影響しないか気になる方はスタッフに聞いてみるようにしましょう。

違法サロンでは麻酔の使用はできない

価格が安いなどの理由で、医師が常駐していない違法サロンに興味を持っている人もいるかもしれません。

しかし、違法サロンには医師が常駐していないため、麻酔を使用することができず、リップアートメイクの痛みが強いままです。

他にも色素の安全性や衛生環境などが劣る可能性もあり、安全に施術するのが難しいため、選ばないようにしてください。

リップアートメイクの痛みを抑える方法

リップのアートメイクの痛みは、施術前の自分の行動次第で抑えることができます。

ここでは、リップのアートメイクの痛みを抑える方法を確認していきましょう。

前日に飲酒をしない

飲酒によって体内にアルコールが残ってしまうと、肌が乾燥して痛みに敏感な状態になってしまいます。

リップアートメイクに備えるためにも、最低でも施術前の12時間は飲酒をしないように気をつけましょう。

生理の周期と被らないようにする

ホルモンバランスが乱れる生理の際には肌が敏感になりやすく、施術時の痛みを強く感じてしまいます。

生理の周期を事前に把握しておき、その時期を避けて予約をすることで、リップアートメイクの痛みを抑えることができます。

体調を万全にしておく

風邪や寝不足など、体調を崩している際には肌の刺激を感じやすく、当然リップアートメイクの痛みも強く感じてしまいます。

万全の状態でリップアートメイクに臨めるように、規則正しい生活と十分な睡眠を心がけてください。

麻酔に関してはスタッフと相談する

クリニックでは通常時でも麻酔を使用していますが、それでも痛みが気になるという方もいることでしょう。

場合によっては麻酔を追加できる可能性もあるため、痛みに関する相談はクリニックのスタッフに行いましょう。

保湿を十分に行う

アートメイクの術後は保湿を行うことがすごく重要です。最低でも3日間~一週間程度はリップにワセリンなどの保湿できるものを塗ると良いでしょう。

術後は、傷がついており、アートメイクで注入した色素が流出しやすい状態になっています。

色素をきれいに定着させ、傷を早く治すためにも保湿が重要なのです。

リップアートメイクの施術後はどうなる?

痛みが強いと言われるリップのアートメイクをした後、肌トラブルに悩まされると心配している方も多いのではないでしょうか。

ここでは、リップアートメイクの施術後の流れをご説明していきます。

施術後にはダウンタイムがある

アートメイクは肌を刺激する施術であり、施術後には肌が敏感な状態になるダウンタイムと呼ばれる状態が続きます。

この期間は肌トラブルが起きやすいため、飲酒や運動など、一部の行動が制限されることになります。

個人差はありますが、ダウンタイムは1週間から10日程度ですので、目安として覚えておくようにしましょう。

施術後の痛みは個人差がある

施術中の痛みだけではなく、リップアートメイクの施術後の痛みを心配している方もいるかもしれません。

リップアートメイクの場合、施術後に痛みが残っていることがありますが、基本は数時間、長くて数日間です。

もし痛みが長引いたり悪化したりした場合には、我慢せずにすぐにクリニックに連絡しましょう。

唇は腫れやすい

他の部位と比べて皮膚が薄い唇は、ダウンタイム中に腫れやすくなっており、その後にかさぶたができることもあります。

アフターケアをすることで、数日から1週間程度で徐々に腫れは引き、かさぶたも自然に剥がれます。

腫れが気になる場合は、冷やしたタオルや保冷剤を巻いたガーゼなどを用いて、優しく冷やすようにしてください。

アフターケアが特に重要

リップのアートメイクをした後は腫れやすいからこそ、施術後のセルフケアで唇を守ることが重要です。

アフターケアは肌の保湿や紫外線対策など、普段から行っている人も多い内容ばかりですので、負担になることは少ないでしょう。

アフターケアの方法はカウンセリングや施術後に説明されますので、よく聞いて忘れずに行うようにしてください。

リップアートメイク後のアフターケア方法

顔にクリームを塗る女性2

リップのアートメイクをした後は、アフターケアで肌を保護する必要があります。

ここでリップアートメイク後のアフターケア方法を確認していきましょう。

唇を擦らない

大前提として、リップアートメイク後は唇を擦ったり触ったりして、刺激を与えてしまってはいけません。

それはこれらの刺激によってアートメイクの色素が落ちてしまい、仕上がりが変化してしまうからです。

また、ダウンタイム中はかさぶたができることがありますが、無理に剥がすのは刺激になりますので、止めるようにしてください。

ワセリンなどで唇を保湿する

アートメイク後は色素がまだ定着しておらず、施術の影響で肌トラブルも起きやすくなっています。

これらを防ぎアートメイクの仕上がりを美しくするためにも、処方されるワセリンなどで唇を保湿することが重要です。

ワセリンの処方がない場合は、低刺激の保湿用リップなどを利用していただきますが、成分によっては刺激になりますので、クリニックに一度相談しておくと安心です。

刺激になるものを口にするのは控える

普段は当たり前のように炭酸や辛い物、すっぱいものなどを口にしているかもしれませんが、アートメイク後の唇には刺激になる可能性があります。

肌トラブルに発展しやすくなりますので、炭酸・辛い物・熱い物・酸っぱいものなど、刺激になりそうな物は控えるようにしましょう。

また、飲酒は色素を定着しにくくする効果がありますので、せめて施術当日は我慢するようにしてください。

体温が上がる行為をしない

アートメイクをした直後は色素が肌に馴染んでおらず、落ちやすくなっています。

そのような状況で体温が上がる行為で代謝を良くしてしまうと、色素の排出が促進されて仕上がりが変わってきてしまいます。

施術後1週間程度は、運動や長風呂などの体温が上がるような行為は控え、整ったリップを保つようにしましょう。

ただし、短時間のシャワー浴に関しては当日からでも大丈夫ですので、衛生面に関して心配する必要はありません。

メイクは1週間は避ける

リップのアートメイクの上から、更にメイクでリップを塗りたい方もいるかもしれませんが、施術後1週間は避けるようにしましょう。

唇付近のメイクに関しては施術後すぐには難しいですが、眉メイクやアイメイクなどは翌日からでも行っていただけます。

施術後のメイクに関して詳しく知りたい方は、カウンセリング時にスタッフに質問しておくとスムーズに過ごせるようになるはずです。

痛みを軽減してリップアートメイクを手に入れるには?

今回はリップアートメイクの痛みに関して解説してきました。

リップアートメイクは眉毛やアイラインなど、他の部位のアートメイクに比べると痛みが強いのは事実です。

しかし、クリニックでは麻酔の使用ができることに加え、事前の準備などで痛みを軽減することもできます。

痛みの心配がないように、自分に合ったクリニック選びを心がけましょう。

エムビューティクリニックでは、患者様の理想のリップにするためにも、カウンセリングとアフターケアを徹底しております。

リップアートメイクの施術には麻酔クリームを使用し、できるだけ痛みが少なく負担をかけない方法で施術を行います。

当院では無料の事前カウンセリングを行っておりますので、痛みが気になる方はまずはご来院いただき、ご相談ください。

この記事の監修者
エムビューティクリニック 理事長 長宗我部 真侑
プロフィール
  • 平成23年3月 東海大学医学部医学科卒業
  • 平成25年3月 順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床研修医修了
  • 平成28年3月 順天堂大学大学院医学研究科博士課程修了
  • 平成28年4月 順天堂大学医学部 助教
  • 平成30年5月 医療法人社団順真会理事長就任
カウンセリング専用ダイヤル
0120-703-114
0120-703-114
受付時間 11:00~20:00 休診日 不定休
Page TOP