Beauty Column

ニップルアートメイクは悩む女性の味方!メリットやポイントなどをご紹介

なかなか人に相談できない、乳輪部分のお悩みを解消できる施術があることをご存じでしょうか。

それがニップルのアートメイクであり、今まで無理だと諦めていた方にもご満足いただいている施術の1つです。

今回はニップルのアートメイクについてまとめています。

ニップルのアートメイクの特徴をはじめ、メリットやデメリット、ニップルのアートメイクをする際のポイントなどまで徹底解説します。

お胸の特に乳頭の色味などにお悩みの方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ニップルのアートメイクとは?

ニップルとはお胸の先にある乳頭のことを指す呼び名であり、アートメイクではこの部分も施術することができます。

ここでは、ニップルのアートメイクを詳しくご紹介していきます。

ニップルのアートメイクの特徴

ニップルのアートメイクとは、皮膚の浅い部分に専用の微細な針で色素を入れることで、美しい乳頭を再現する施術のことです。

乳頭の色味を整えることができるため、お胸に悩む方にとっては、コンプレックスを解消できる必要不可欠な施術でもあります。

ニップルのアートメイクは、難しい施術であるため医療行為に認定されており、医師が常駐しているクリニックでの施術が法律で定められています。

もともとは乳房再建施術の1つ

ニップルのアートメイクは、手術後の見た目を改善するための乳房再建施術の1つとして誕生しました。

そのため、医療目的で行われることが多く、乳房の色味を修復することに重きが置かれることが多いです。

最近では美容目的でも行われるようになってきており、手術痕を隠したい方以外にも、お胸に自信を持ちたい方もアートメイクをしています。

ニップルのアートメイクがおすすめな人

乳房再建施術の1つでもあるニップルのアートメイクは、手術跡・傷跡を隠したい人などに特に向いています。

また、乳頭の色味を整えられるため、乳頭の見た目が気になっており、お胸にコンプレックスを抱いている多くの方にもおすすめです。

ニップルのアートメイクのメリット

ニップルのアートメイクはお胸の悩みを解消できますが、具体的なメリットを知りたい方も多いことでしょう。

ここでは、改めてニップルのアートメイクのメリットを確認していきます。

傷跡や怪我した部分を隠せる

乳房再建施術で用いられるように、本来ニップルのアートメイクは手術の傷跡や怪我を残さないようにする施術です。

どうしても気になってしまう跡をアートメイクで綺麗にすることで、見た目が整えられて気分が向上することでしょう。

左右の乳頭の大きさを整えられる

生まれつきや怪我などで、左右の乳頭のバランスが違うことに悩んでいる方もいるかもしれません。

ニップルのアートメイクは左右の乳頭の大きさを整えられるため、より魅力的な姿へと近づけることでしょう。

乳頭の色味をある程度調節できる

色素を用いるニップルのアートメイクでは、限界はありますが、乳頭の色味を多少調節することができます。

対応可能な範囲はクリニックによって異なりますので、色味の調節が目的の方はスタッフとしっかり相談してみてください。

ニップルのアートメイクのデメリット

鏡に向かって顔を気にする女性

ニップルのアートメイクにはメリットだけではなく、デメリットも存在しています。

ここでは、ニップルのアートメイクのデメリットを見ていきましょう。

導入しているクリニックが少ない

ニップルのアートメイクは女性のお悩みを解消してくれる大切な施術ですが、日本ではまだ馴染みがなく、導入しているクリニックが少ないのが現状です。

そのため、クリニックの選択肢が限られていることに加え、自分の家の近くではできない可能性もあります。

現時点では難しくとも、今後導入するクリニックが増える事も考えられますので、興味のある方はその時に備えておくと良いでしょう。

黒ずみの除去などは難しい

乳頭に色素が沈着してしまい、それを改善する目的でニップルのアートメイクを検討している方もいるかもしれません。

しかし、ニップルのアートメイクでは黒ずみの除去など色素沈着を完全になくすのは難しいです。

美容目的で黒ずみを除去したい場合にはアートメイクは向きませんので、レーザー治療など対応している施術を選ぶようにしてください。

色によっては難しい場合がある

ある程度は乳頭の色味を調節できるとはいえ、ニップルのアートメイクでは大幅な色の変更はできない可能性があります。

あくまでも乳頭の肌馴染みを良くして、美しく仕上げるのが目的ですので、派手な色や変色が激しい場合などには対応できないことを知っておきましょう。

デリケートな部位で施術が恥ずかしい

普段見られることのないお胸を、スタッフとはいえ人目にさらすのが恥ずかしいという方も少なくないことでしょう。

アートメイクアーティストはその思いを十分に理解し配慮して施術しますのでご安心ください。

ニップルのアートメイクをする際のポイント

脇 自己処理

難しい施術であるニップルのアートメイクは、一歩間違えれば失敗にも繋がりかねません。

ここで、ニップルのアートメイクをする際のポイントを抑えていきましょう。

医師が常駐するアートメイククリニックを選ぶ

アートメイクは医師が常駐するクリニックでの施術が定められていますが、中にはサロンでアートメイクを行っていることがあります。

医師が常駐していないサロンでのアートメイクは違法であり、色素の安全性やアートメイクアーティストの技術力、衛生環境などが不安視されています。

違法サロンでのアートメイクは止め、自分に合うクリニックを探すようにしましょう。

SNSやホームページで施術例を確認してみる

アートメイククリニックでは、これまでの施術写真をSNSやホームページで公開していることが多いです。

それらの写真を見ることで、アートメイクアーティストの技術力や仕上がりを確認することができ、安心して施術を受けられることでしょう。

デリケートな乳房の写真はアップロードされていない可能性もありますが、院内でのみ閲覧可能になっていることもあり、まずは確認してみることをおすすめします。

カウンセリングでスタッフに相談する

ニップルのアートメイクはデリケートな施術であるからこそ、スタッフとの意思の疎通が重要になってきます。

施術前にはカウンセリングの機会が設けられますので、その際にしっかりとデザインを決め、不安なことがあれば相談しておきましょう。

事前準備とアフターケアを十分に行う

少なからず肌に負担をかけるニップルのアートメイクでは、肌を守るためにセルフケアをしていただく必要があります。

一例を挙げると、事前準備では日焼けや飲酒を避ける、アフターケアでは保湿や紫外線対策をするなどであり、どれも難しいものではありません。

インターネットなどで調べたりスタッフに聞いたりして、事前準備とアフターケアの方法を知り、実践するようにしましょう。

ニップルのアートメイクを迷っている人へ

ニップルのアートメイクはマイナーな施術であり、馴染みのない施術に戸惑っている方もいるかもしれません。

しかし、手術や怪我などでお胸の形や色味を諦めていた人にとっては、なくてはならない施術です。

今は必要ない人でも、もしかしたら将来的に必要になる機会が訪れるかもしれません。

その際にはニップルのアートメイクを思い出し、1つの選択肢として捉えていただけると幸いです。

アートメイクで美しい姿を手に入れるのがおすすめ

今回はニップルのアートメイクについてご紹介してきました。

ニップルのアートメイクは乳房再建施術の1つであり、怪我や病気などの影響で乳輪の見た目に悩む方を助けてくれます。

現時点では導入しているクリニックは少ないですが、失敗しないためにもクリニック選びは慎重に行うようにしましょう。

エムビューティクリニックでは、眉毛やリップなど、お顔のアートメイクを中心にメニューをご用意しております。

当院はこれまでにも様々な患者様のお悩みを解消するお手伝いをさせていただいており、豊富な施術実績があります。

アートメイクをご検討中の方は、まずは無料の事前カウンセリングでお気軽にご相談ください。

この記事の監修者
エムビューティクリニック 理事長 長宗我部 真侑
プロフィール
  • 平成23年3月 東海大学医学部医学科卒業
  • 平成25年3月 順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床研修医修了
  • 平成28年3月 順天堂大学大学院医学研究科博士課程修了
  • 平成28年4月 順天堂大学医学部 助教
  • 平成30年5月 医療法人社団順真会理事長就任
カウンセリング専用ダイヤル
0120-703-114
0120-703-114
受付時間 11:00~20:00 休診日 不定休
Page TOP