Beauty Column

脱毛テープのメリット・デメリットとは?自分に合った脱毛方法を選ぼう!

脱毛テープは、カミソリや毛抜きと同様に多くの人に利用されている脱毛アイテムです。

コストをかけずに手軽に脱毛できるため、多くの人に利用されている一方で、痛みがある、肌に刺激を与えるなどのデメリットもあるため、マイナスな影響をしっかりと踏まえた上でムダ毛処理を行うことが大切です。

本記事では、脱毛テープの購入を考えている方に向けて、脱毛テープのメリット・デメリットを解説します。

この記事を読むことで、自分にあった脱毛方法を理解できるようになるため、ぜひ参考にしてみましょう。

脱毛テープとは

脱毛テープ とは

脱毛テープとは、テープの粘着力によって脱毛を行うためのアイテムです。

カミソリや毛抜き、電気シェーバーなどのアイテムと同様に、ムダ毛を処理するために用いられます。

脱毛テープは自宅で気軽に脱毛できる方法として多くの人に利用されていますが、痛みが伴うだけでなく、肌に刺激を与える可能性が懸念されています。

次章から脱毛テープのメリットとデメリットについて解説していくため、脱毛テープを利用して脱毛を行うべきか悩んでいる人は参考にしてみましょう。

脱毛テープのメリット

脱毛テープ メリット

脱毛テープにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、脱毛テープのメリットを解説します。

コストを抑えられる

脱毛テープは比較的安価な価格で販売されているため、コストを抑えられます。

このため、脱毛テープは脱毛にお金をかけたくないという人から人気です。

脱毛テープの価格帯は、枚数や種類などによって異なりますが500円〜1000円程度となっています。

インターネットやドラッグストアで気軽に購入できるだけでなく、脱毛にかかる時間が少ないため、短時間でムダ毛処理を終わらせたいという人にも利用されています。

好きなタイミングで脱毛できる

脱毛テープを利用することで、好きなタイミングで脱毛することができます

脱毛サロンなどで施術を受ける場合、契約やカウンセリング、予約などの手間が生じます。

一方で、脱毛テープであれば、いつでも自分の好きなタイミングでムダ毛処理を行うことが可能です。

「明日までに脱毛を済ませたい」「肌を出す服を着る必要がある」などの場合でも、脱毛テープであればすぐに処理を終わらせることができます。

脱毛テープのデメリット

脱毛テープ デメリット

ここまで脱毛テープのメリットについて解説してきました。

一方で、脱毛テープにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

ここでは、脱毛テープのデメリットについて紹介します。

痛みがある

脱毛テープの最大のデメリットといっても過言ではないのが、「強い痛みが生じる」点です。

脱毛テープによってムダ毛処理を行う際は、脱毛テープをムダ毛が気になる部分に貼って、思いっきり剥がします。

剥がす際に強い痛みが生じることがあり、肌に刺激が加わる可能性があるのです。

肌に強いダメージが加わるので、赤くなってしまったり、炎症を起こしてしまったりすることもあります。

このため、敏感肌の人や肌がデリケートな方には脱毛テープはおすすめできません。

脱毛できない部位がある

脱毛テープは使用できる部位に制限があることを覚えておきましょう。

先述した通り、脱毛テープによるムダ毛処理は肌に強い刺激を与えてしまう可能性があります。

このため、肌がデリケートな部位に関しては、脱毛テープによる脱毛は推奨されていません。

例えば、VIOラインや顔などはダメージを受けやすいので避ける必要があります。

脱毛テープで全身を処理できる訳ではないため、結局他の脱毛方法を組み合わせる必要が生じ、手間がかかってしまいます。

またムダ毛が生えてくる

脱毛テープによる脱毛は一時的な処理になるため、またムダ毛が生えてくる可能性があります。

ムダ毛が生えてくるたびに脱毛テープで処理していると、肌に過度な負担がかかってしまい、肌トラブルを引き起こす可能性が高まるので注意が必要です。

ムダ毛処理の手間をなくしたい方は、永久脱毛をおすすめします。

脱毛サロンで永久脱毛を行うことで、毎日のお手入れの手間を省くことが可能です。

ムダ毛処理による肌へのダメージもなくなるので、健康的な肌を目指すことができます。

脱毛テープを使用する際の注意点

脱毛テープ デメリット

脱毛テープを使用する際はどのようなポイントに注意すればいいのでしょうか。

ここでは、脱毛テープを使用する際の注意点を解説します。

部位専用の商品を選ぶ

脱毛テープを選ぶ際は、部位専用の商品を選ぶようにしましょう。

脱毛テープによって使用できる部位が指定されていることがあります。

例えば、眉毛専用のものや、腕・脚専用のものなど、製品によってさまざまです。

指定されている部位以外の場所に脱毛テープを使ってしまうと、肌に与える負担が大きくなる可能性があるため注意しましょう。

配合成分を確認する

脱毛テープに含まれている配合成分を確認しましょう

脱毛テープに含まれている成分によっては肌にあわず、肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

特に敏感肌の人は商品選びに注意が必要です。

敏感肌の人には、そもそも脱毛テープによる脱毛方法はおすすめできませんが、なるべく肌に負担がかからない商品を選ぶようにしてください。

脱毛テープによっては、アロエベラエキスやヒアルロン酸などの保湿成分を含むものが販売されています。

肌の乾燥が気になる人は、このような美容成分が含まれている製品を選ぶことが大切です。

また、脱毛テープを使用する前に、肌に合うか確認するために、パッチテストを行うようにしましょう。

使い心地が良いものを選ぶ

脱毛テープを購入する際は、使い心地が良いものを選びましょう

脱毛テープによっては独特の匂いがしたり、サイズがあわずに使いづらかったりすることがあります。

脱毛テープによって定期的にムダ毛処理をしていこうと考えている方は、使い心地が良いものを選ぶことが大切です。

また、肌にあわないと感じた場合や、肌に異常がみられる場合は、早急に使用するのをやめましょう。

脱毛テープ以外の脱毛方法とは

脱毛方法

脱毛テープ以外でどのような脱毛方法があるのでしょうか。

ここでは、脱毛テープ以外の脱毛方法について解説します。

サロン脱毛

サロン脱毛とは、エステサロンや美容サロンのスタッフが光脱毛によって脱毛を行う種類の脱毛です。

医療脱毛と比較すると痛みが生じにくいだけでなく、コストを安く抑えられる傾向にあります。

しかし、脱毛効果が薄く、施術回数を重ねないと脱毛効果を実感できない点がデメリットに挙げられるでしょう。

気軽に脱毛を受けたいという人は、サロン脱毛を選ぶと良いでしょう。

医療脱毛

医療脱毛とは、看護師または医師がレーザー脱毛によって処理を行う種類の脱毛のことです。

医療脱毛はサロン脱毛より痛みを感じやすく、費用が高くなる傾向にあります。

一方で、サロン脱毛によりも高い効果を実感できるため、少ない回数で脱毛を完了させることができます。

エムビューティークリニックは、都内最安級で医療脱毛を行っているクリニックです。

医療脱毛で懸念事項に上がりやすい痛みに関しても、最新脱毛機器を導入しているため、痛みが少ない施術を実現します。

脱毛の効果を上げるには?

今回の記事では、「脱毛テープにはどのような効果があるの?」「脱毛テープの痛みが気になる場合はどうすればいい?」という疑問を持っている人に向けて、脱毛テープのメリット・デメリットについて解説しました。

脱毛テープとは、テープの粘着力によって脱毛を行うためのアイテムです。

コストを抑えて気軽に脱毛できるので多くの方に利用されています。

一方で、肌に与えるダメージが大きく、痛みが伴う脱毛方法であるため、注意が必要です。

また、脱毛テープでムダ毛処理してもまた生えてくる可能性があるため、永久的な効果を目指したい人はサロン脱毛や医療脱毛を選ぶと良いでしょう。

エムビューティークリニックが提供している医療脱毛は、痛みを最小限に抑えて、都内最安級で施術を受けることができます。

また、事前のカウンセリングも行っているため、医療脱毛に興味のある人は一度ご相談ください。

この記事の監修者
エムビューティクリニック 理事長 長宗我部 真侑
プロフィール
  • 平成23年3月 東海大学医学部医学科卒業
  • 平成25年3月 順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床研修医修了
  • 平成28年3月 順天堂大学大学院医学研究科博士課程修了
  • 平成28年4月 順天堂大学医学部 助教
  • 平成30年5月 医療法人社団順真会理事長就任
カウンセリング専用ダイヤル
0120-703-114
0120-703-114
受付時間 11:00~20:00 休診日 不定休
Page TOP