Beauty Column

脱毛で火傷する場合がある?火傷のリスクや対処法などをお伝えします

脱毛では光やレーザーを用いるのが一般的ですが、火傷の可能性があると聞いて、心配に思っている人もいるのではないでしょうか。

脱毛による火傷はどのような理由で起きて、どうやって対処すれば良いか事前に知っておきたい人も多いはずです。

今回は脱毛による火傷のリスクを伝えていきます。

脱毛の仕組みや火傷する原因を始め、対処法や施術者側の対応などを伝えていくため、ぜひ脱毛する前に確認してみましょう。

脱毛は火傷のリスクがある?

脱毛は火傷のリスクがある?.jpg

脱毛を知る中で、火傷のリスクがあると聞いて不安に感じている人もいることでしょう。

ここでは、脱毛での火傷のリスクについて解説していきます。

脱毛の仕組み

現在主流となっている脱毛では、ムダ毛がある範囲をレーザーや光で照射していきます。

このレーザーや光はメラニン色素に反応しており、ムダ毛と反応することで熱ダメージを与えてムダ毛の機能を弱めます

この際に生じる熱が肌の負担となることで、火傷の症状が見られるようになります。

脱毛で火傷する原因

脱毛の仕組みを把握したところで、脱毛での火傷の原因をもう少し詳しく確認していきましょう。

脱毛器の出力が高すぎる

脱毛に用いられるレーザーや光は、出力が高ければ高いほど肌への負担となってしまいます。

脱毛の効果だけを追い求めて出力を高くしてしまうと、肌へ負担がかかりすぎてしまい、火傷につながってしまいます。

肌が日焼けしていた

日焼けして黒くなった肌にはメラニン色素が多く含まれており、脱毛で用いられるレーザーや光が反応してしまうことがあります。

これによって肌に過剰に負担がかかってしまい、火傷のリスクが高まります。

肌が乾燥している

肌の水分量が足りておらず、バリア機能が正常に働かない状況になると、火傷する可能性があります。

乾燥には肌の保湿ケア不足を始め、脱毛前の飲酒や栄養バランスの偏りなどさまざまなものがあります。

脱毛で火傷した際の症状

脱毛後に火傷してしまった場合は、実感しにくい可能性もあるため、どのような症状が起きるか事前に知っておく必要があります。

それでは、脱毛で火傷した際の症状を確認していきましょう。

数日経っても赤みが引かない

脱毛後は肌が敏感になっており、肌が赤らんでいることがあります。

火傷ではない場合でも肌に赤みが出るため、見分けが付きにくいかもしれませんが、数日経っても治らない場合は火傷を疑った方が良いでしょう。

数日間にわたって痛みがある

軽く肌がヒリヒリするなど、脱毛後はある程度の肌トラブルを覚悟しておく必要があります。

ただし、それらは早くて数時間、遅くても2~3日間で治るものです。

しかし、数日間にわたっても痛みがある場合は火傷をしている可能性があります。

水疱などができている

赤みや痛み以外にも水疱やじんましんなどが出ることもあります

中度の症状であることが多く、放置してしまうとより悪化してしまうことが懸念されます。

水疱などは潰したり引っ掻いたりしないように気をつけ、治りそうになければクリニックで適切な対応をしてもらう必要があります。

脱毛で火傷した際の対処法

脱毛で火傷した際の対処法.jpg

もしも自宅に帰り脱毛した箇所が火傷していると感じたら、どのように対処すれば良いのでしょうか。

ここでは、脱毛で火傷した際の対処法を伝えていきます。

肌を優しく冷やす

脱毛した箇所が火傷した場合は熱を持っていることが多く、その熱を逃がすためにもまずは肌を冷やすことが求められます。

保冷剤を直に当てるなど、あまりに冷たすぎると肌に負担がかかるため、冷やす際にはそれも踏まえる必要があります。

まずは流水などで冷やし、場合に応じて保冷剤をガーゼやタオルで包んだり、水を含んだタオルを当てたりしましょう

症状が軽い場合は保湿を行う

レーザーや光を照射する脱毛では、肌が高温になって水分が逃げてしまうことがあります。

このため、火傷でかゆみを伴う場合、肌が乾燥しているのが原因のことがあり、その場合には肌をしっかりと保湿することで改善が見込めます。

ただし、刺激が強いものだと場合によっては悪化する可能性もあるため、肌が弱い人や敏感肌の方はスタッフや医師に相談した方が良いでしょう。

必ずクリニックを受診する

火傷の症状が落ち着かない場合には、必ず医師の元に行き、然るべき処置を受ける必要があります

医療脱毛の場合は施術したクリニックに行けば良いですが、サロン脱毛の場合はかかりつけ医や最寄りのクリニックを受診しなければいけません。

基本的には軟膏などの薬が処方され、欠かさずに塗ることで治る程度の火傷ですので、そこまで心配しすぎる必要はないでしょう。

脱毛で火傷した際は返金対応がある?

脱毛で火傷した際は返金対応がある?.jpg

もし脱毛のせいで火傷してしまった場合は、泣き寝入りしなければならないのでしょうか。

ここでは、脱毛で火傷した際の対応について伝えていきます。

何らかの保証が受けられることもある

クリニックや脱毛サロンによっては、火傷の程度によって、何らかの保証が受けられることがあります。

炎症の薬や軟膏を無料で受け取れたり、治療費がかからなかったりと、対応はさまざまです。

この際、医師の診断書が必要なことがあるため、あらかじめ用意をしておきましょう

また、場合によってはクリニックに通う交通費も対象となるため、忘れずにもらうようにするのがおすすめです。

契約内容によって難しい可能性がある

脱毛で火傷したからといって、全ての場合で保証が受けられるというわけではありません。

契約内容によっては難しい可能性があり、自費で治療しなければならないこともあります

火傷した部位の写真・医師の診断書・医療費などを揃えて提示することで認められることもありますが、そうでない場合は法律家への相談が必要になることもあるでしょう。

契約書を確認しておくのが大切

火傷になるか分からないからと、脱毛前に契約内容をしっかりと確認しない人もいるかもしれません。

しかし、脱毛後の確認では遅く、本来受けられるはずの保証が受けられなくなる可能性もあります。

契約書は必ず事前に確認し、特に肌トラブルへの保証に関する内容はよく読み込んでおくようにしましょう。

詳しくはホームページやカウンセリングなどで知ることができますので、見落としがないようにするのが大切です。

脱毛で火傷を防ぐためのセルフケア

脱毛で火傷を防ぐためのセルフケア.jpg

肌の乾燥や紫外線のダメージなどはセルフケアで改善することができ、火傷のリスクを減らすことができます

それでは、脱毛で火傷を防ぐためのセルフケアを確認していきましょう。

紫外線対策を万全にしておく

日焼けした肌に含まれるメラニン色素が火傷の原因となるため、紫外線対策をして肌を守る必要があります。

帽子・日傘や日焼け止めクリームなどのアイテムを使って、太陽の光をできるだけ浴びないようにしましょう。

ただし、日焼け止めクリームに関しては、脱毛直前に落とす必要がある可能性もあるため、事前に確認しておくようにしましょう。

生理と被らないようにする

生理中はホルモンバランスが乱れやすく、肌トラブルに発展するリスクが高まります。

基本的には周期的に生理が訪れるため、生理と被らないように日程を調整するのがおすすめです。

体調を整えておく

生理時と同様に、体調が悪いとホルモンバランスが乱れて火傷しやすい状態です。

規則正しい生活で体調を整え、体調不良の状態で脱毛をしなくても良いようにしておきましょう。

脱毛前後に飲酒しない

体内にアルコールがあると肌の水分が奪われやすく、乾燥の原因になることがあります。

乾燥すると火傷になるリスクも高まるため、脱毛前の飲酒は止めましょう

また、脱毛後も12時間は飲酒を控えることで、肌トラブルのリスクを下げることにつながります。

事前にある程度自己処理を行う

レーザーや光で効果的に脱毛するためには、脱毛前に軽く自己処理をすることが求められます

カミソリや電気シェーバーなどで脱毛する部位のムダ毛を剃り、準備をしておきましょう。

ただし、毛抜きや除毛クリームなどでの自己処理は、逆効果になることがあるため避けた方が無難です。

まとめ

今回は脱毛で起こりうる火傷に関して説明してきました。

脱毛での火傷は光やレーザーによるダメージが原因であり、赤みや痛みなどの症状が起こり得ます。

火傷が起きた際はしっかりと冷やした後で保湿し、それでも改善されない場合はクリニックを受診しましょう。

医療脱毛を選べば、万が一火傷が起きた際でも迅速で適切な対応が行われるためおすすめです。

医療機関であるため医師が常駐し、火傷など肌トラブルの対処も安心して受けることができます。

高い効果の脱毛を安全に行いたい人は、当院の医療脱毛を体験してみてはいかがでしょうか。

※当院では火傷等の返金や保証はしておりません。

この記事の監修者
エムビューティクリニック 理事長 長宗我部 真侑
プロフィール
  • 平成23年3月 東海大学医学部医学科卒業
  • 平成25年3月 順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床研修医修了
  • 平成28年3月 順天堂大学大学院医学研究科博士課程修了
  • 平成28年4月 順天堂大学医学部 助教
  • 平成30年5月 医療法人社団順真会理事長就任
カウンセリング専用ダイヤル
0120-703-114
0120-703-114
受付時間 11:00~20:00 休診日 不定休
Page TOP