Beauty Column

眉毛サロンのために眉毛を伸ばしている間はどう手入れしたらいいの?

顔の印象を左右する眉毛は、綺麗に整えるだけで一気に垢抜ける重要なパーツです。

眉毛サロンに行く前には、一定期間以上自己処理をせずに伸ばしておく必要がありますが、伸ばしっぱなしの眉毛が気になっている人や、「何日も自己処理しないなんて耐えられない!」と眉毛サロンに行くこと自体を諦めている人もいるでしょう。

この記事では、眉毛サロンに行く前に眉毛を伸ばしている期間の過ごし方や、自己処理について詳しく解説します。

 

眉毛サロンに行く場合、2週間は眉毛を伸ばしたままにしないといけない!

サロンにもよりますが、基本的に眉毛サロンに行く前は、最低2週間以上眉毛を自己処理せずに伸ばしておく必要があります。

普段から頻繁に眉毛を自己処理する人であれば、2週間も眉毛を伸ばすことに抵抗がある人もいるでしょう。

眉毛サロンではワックスを使って施術するので、そのワックスが絡みやすいように眉毛を伸ばしておく必要があります。

眉毛が短いままだとワックスが上手くかからず、抜けなかった部分はピンセットで抜くことになるため、施術中の負担が大きくなります。

また、眉毛を自己処理していると、本来必要な眉毛を気付かずに剃ってしまっている可能性があります。

そういったことを防ぐためにも、眉毛は最低2週間以上伸ばしたままにする必要があるのです。

 

1週間〜2週間放置したらどうなる?

眉毛を自己処理せずに1〜2週間放置すると、いつも剃っている部分の毛が伸びてきてボサボサになり、不揃いな形になります

個人差はあるものの、眉毛の伸びる速度は1週間に1mmほどであり、1〜2週間自己処理しなかっただけでも毛足が伸び、そのままでは外に出れないと感じるでしょう。

不要だと感じている部分からも毛が生えてくるので、いつもの眉毛の形が崩れ、メイクがしづらいと感じる人もいます。

 

眉毛を伸ばしている間はどうしたらいい?

眉毛サロンに行くまで眉毛を伸ばしている間は、どうしても不揃いな眉毛になってしまうため、人の目が気になるという人もいるでしょう。

とはいえ、仕事の関係などどうしても外に出なければいけないという人も少なくありません。

眉毛を伸ばしている期間の過ごし方や、伸ばしかけの眉毛の隠し方について解説します。

 

前髪で眉毛を隠す

重めの前髪であれば眉毛が見えなくなるため、ボサボサの眉毛を自然に隠せます

見えない状態であれば人の目を気にすることがなくなるので、人に会ったり外に出たりする予定も入れやすくなります。

 

コームやコンシーラーを使って綺麗に整える

前髪を作っていない人や薄い前髪の人は、前髪で隠すことは難しくなります。

眉毛を隠すためだけにわざわざ髪型を変えるのに抵抗がある人もいるでしょう。

そういった場合はメイクでごまかすのも1つの方法です。

コームコンシーラー眉マスカラなどのアイテムを使用すれば、ボサボサの眉毛でもある程度は綺麗に整えられるので、眉毛を伸ばしている機関も人の目を気にせずに過ごせます。

生えてきた毛が気になる場合はそこに肌色に近いコンシーラーを塗れば目立たなくなります。

コンシーラーは厚塗りするとかえって浮いてしまうため、自然に見えるよう仕上げることを心がけましょう。

また、眉毛用のコームでとかすことで毛流れが整うので、生えっぱなしの状態よりも綺麗に見せられます。

さらに、明るい色の眉マスカラは眉毛全体の存在感を薄くできる上に毛並みも整えて固定できるため、眉毛を伸ばしている期間に使用することをおすすめします。

 

伸ばしている間、眉毛の自己処理をしてしまった…

眉毛サロンにいく前は自己処理をせずに眉毛を伸ばしておく必要があります。

なるべくボサボサの状態でサロンに行くのがベストではありますが、スケジュールの関係や、我慢できずに自己処理してしまった場合、施術ができないのかと不安になるでしょう。

眉毛を伸ばしている間に自己処理をしてしまった、サロンの指定する期間以上眉毛を伸ばせなかったといった場合でも、施術を受けることは可能ですが、満足のいく眉毛を手に入れられない場合もあります

 

2~3mmくらいは伸ばす

仮に自己処理してしまった場合でも、2〜3mmほどの長さがあればワックスで抜けきれなかったとしてもピンセットで処理することができます。

毛があっても眉毛の形を整えられます。

ただし、2〜3㎜以下のピンセットでもつかめないものは眉毛サロンでも処理できないので、眉毛はある程度の長さは伸ばしておく必要があります。

最低2週間ほどは自己処理を控えるように依頼しているサロンが多いものの、毛の生える周期は個人差もあるので、最低2〜3mmは生えている状態になるように伸ばしてから来店するようにしましょう。

 

眉毛にカラーやパーマもNG

眉毛サロンでは、できる限り何も眉毛を手入れしない状態で施術を受けるのがベストです。

毛が無い部分はどうしようもないため、なるべくボサボサに生やしておくと、その分理想通りの眉毛を再現しやすくなるのです。

眉毛カラーや脱色、眉毛パーマをしている場合は眉毛への負担が大きくなりすぎるのを避けるため、眉毛サロンで施術自体を断られる可能性があります。

眉毛サロンに行くときはカラーやパーマもしていない自然な状態の眉毛にしておくことが大切です。

もし過去に眉毛カラーやパーマをしたことがある場合は、施術を受けられるかどうかを事前にサロンに確認しておくことをおすすめします。

 

アートメイクだと眉毛を伸ばしている間を気にしなくてもよい

眉毛サロンで施術を受けるには、眉毛をある程度伸ばしておく必要があるので、その期間は自己処理を我慢する必要があります。

その期間のボサボサの眉毛を隠すのが面倒だと感じる人もいるでしょう。

そういったストレスやサロンに定期的に通わなければいけない手間を減らしたいという人は眉毛のアートメイクがおすすめです。

 

眉毛を伸ばさなくてもいい

眉毛サロンでは、注意事項として一定期間自己処理をせずに眉毛を伸ばすように記載しているところがほとんどです。

その期間は眉毛を放置しておかなければいけないので、予定を入れづらい、眉毛を隠すメイクの手間がかかるなどのデメリットがあります。

アートメイクは毛のない部分にも色素を入れて理想の眉毛をデザインしていくので、直前まで自己処理していても問題ありません。

 

自眉が薄い、無い人でも施術ができる

自眉の濃さや毛量は人それぞれ個人差が大きいものです。

中には自眉が薄いもしくはほとんど無いのが悩みという人もいるでしょう。

眉毛サロンでは、眉毛が薄かったり無かったりしても、産毛が周囲の毛を活かして施術すること自体は可能ですが、あくまでも自眉を活かして整えていくものである以上限界があり、眉毛のメイクも必須になります。

アートメイクであれば毛がないところにも色素を入れられるので、自眉の薄い人や自眉が無い人でも、メイク後のようなしっかりとした眉毛を手に入れられます

 

何度も眉毛を伸ばす必要がない

眉毛サロンは、美容室に行くような感覚で通えるものの、眉毛を常に綺麗な状態を保つためには1ヶ月に1回ほどの頻度で施術を受ける必要があります。

眉毛サロンに行く前は眉毛を伸ばしておかなければならないので、自己処理を我慢する期間も多くなります。

アートメイクは1度完成した後1〜3年は消えないので、頻繁に通う必要はなく、眉毛サロンよりも長持ちします

何度も眉毛を伸ばしてサロンに通わなくて済むため、コストパフォーマンスが高いといえるでしょう。

 

まとめ

眉毛サロンで施術を受けるには、最低2週間程度は眉毛を伸ばしておく必要があります。

その間は自己処理を我慢しなければいけないので、ボサボサの眉毛が気になる人は前髪やメイクで隠して過ごすと良いでしょう。

眉毛サロンで眉毛を綺麗に整えるには、最低でも2〜3mmの毛の長さまで伸ばしておく必要がありますし、その間は眉毛カラーや眉毛パーマもかけずに放置することが大切です。

眉毛アートメイクであれば、眉毛を伸ばしておかなくても施術を受けられますし、自眉の濃い薄いに関わらず理想の眉毛を再現できます。

1度アートメイクをすれば1〜3年は持つので、美しい眉毛を長持ちさせたいという人は眉毛アートメイクがおすすめです。

エムビューティークリニックでは経験豊富なスタッフが多数在籍しており、カウンセリング通して一人一人に似合う眉毛のデザインを提案します。

眉毛サロンに通うのは大変、綺麗な眉毛を手に入れたいという方はぜひ一度、足を運んでみて下さい。

この記事の監修者
エムビューティクリニック 理事長 長宗我部 真侑
プロフィール
  • 平成23年3月 東海大学医学部医学科卒業
  • 平成25年3月 順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床研修医修了
  • 平成28年3月 順天堂大学大学院医学研究科博士課程修了
  • 平成28年4月 順天堂大学医学部 助教
  • 平成30年5月 医療法人社団順真会理事長就任
カウンセリング専用ダイヤル
0120-703-114
0120-703-114
受付時間 11:00~20:00 休診日 不定休
Page TOP