Beauty Column

眉毛サロンに行く前のボサボサ眉毛の隠し方。眉毛を伸ばさないといけない理由とは?

「眉毛サロンにいく前はボサボサの眉毛にするべき?」「どれくらいまで調整すればいいの?」と疑問をお持ちの方も多く見受けられます。

眉毛サロンにいく前に眉毛を短くカットしてしまうと、理想のデザインを作れないかもしれません。

しかし、一方で眉毛を伸ばしっぱなしにしている、眉毛サロンに行くまでの期間はどうすればいいかわからない方も存在します。

そこで今回の記事では、眉毛サロンに行く前のボサボサ眉毛の隠し方や、眉毛を伸ばさないといけない理由を紹介します。

眉毛サロンで理想の眉毛を作るためにも、調整しやすい状態をキープすることが大切です。

眉毛サロンに行く前に、ボサボサになるまで眉毛を伸ばす?

眉毛サロンに行く前は、ボサボサになるまで眉毛を伸ばすべきなのでしょうか?また、眉毛を切りすぎてしまったらどうすればいいのでしょうか?ここでは、眉毛サロンに行く前に注意すべきことを紹介します。

最低2週間は眉毛を伸ばしておく

眉毛サロンに行く最低2週間前は、眉毛を伸ばしておくことをおすすめします。
この期間は自己処理をするのを控えてください。

眉毛が伸びる期間は個人によって異なりますが、3〜4週間で眉毛はある程度伸び切ると言われています。

そのため、2週間程度あれば眉毛サロンで施術を受けられるくらいの長さまで伸びます。
もし不安な方は眉毛サロンの予約を取る際に、どれくらい眉毛を伸ばすべきか確認するとよいでしょう。

眉毛を伸ばすのはデザイン・施術を綺麗に行うため

それでは、どうして施術を受ける2週間前から眉毛を伸ばさなくてはいけないのでしょうか?

結論から述べると、眉毛を伸ばすことで、デザイン・施術を綺麗に行えるためです。
眉毛が伸びている状態だと施術箇所を明確にしやすく、余分な毛を綺麗に処理することができます。

また、眉毛が伸びていた方が平行眉やアーチ眉など、自分の好きなデザインの眉毛を作りやすくなります。

自分で眉毛を剃ってしまうと施術できる範囲が制限されて、理想のデザインを作れない可能性があるので注意が必要です。

眉毛を切りすぎてしまっても大丈夫

眉毛は2週間前から伸ばすことが大切と説明しましたが、万が一眉毛を切りすぎてしまった場合でも眉毛サロンに相談することができます。

眉毛サロンの中には、眉毛が元々薄い人や、切りすぎてしまった人に対して、眉毛を育成するサポートを実施しているサロンも存在します。

プロの意見を参考にしながら、生やしていく箇所を決められるので、自眉を活かしたデザインを作りやすいです。

さらに、自己処理が苦手な方もプロからアドバイスを貰うことができます。

眉毛サロンに行く前のボサボサ眉毛の隠し方

artmake-kesyou

眉毛サロンに行く前に、ボサボサに伸びてしまった眉毛はどう隠せばいいのでしょうか?会社や学校でもバレないボサボサ眉毛の隠し方を紹介します。

ボサボサ眉毛を隠すのにおすすめメイク道具

ボサボサ眉毛はどう隠せばいいのでしょうか?ここでは、メイク道具を使用してボサボサ眉毛をカバーする方法を紹介します。

パウダータイプのアイブロウ

パウダータイプのアイブロウは、アイブロウペンシルと比較するとふんわりとした仕上がりになります。

アイブロウペンシルはしっかりと眉毛を書くためのアイテムなので、生えかけの眉毛と重なって重く見えてしまいます。

パウダータイプのアイブロウで隙間をカバーするのがポイントです。
ただ、パウダータイプでも塗りすぎると重く見えてしまうので、軽く馴染ませるように塗るとよいでしょう。

眉毛のコーム

眉毛のコームは毛並みを整えるのに役立ちます。
毛が伸びていると毛並みが揃いにくく、ボサボサに見えやすくなります。

眉頭は真上に向かってとかし、流れに沿って平行に向きを変えていきましょう。
眉毛の毛並みが整うだけでもお手入れしているように見えて、ナチュラルな仕上がりになります。

近年は「ボサ眉」もトレンドとして注目されているので、あえて立体感を出して眉毛が長い期間を楽しんでみてもいいかもしれません。

コンシーラー

コンシーラーは、伸びてしまった産毛を隠すのに効果的です。

コンシーラーで産毛をカバーし、パウダーで馴染ませると自然な仕上がりになります。
ただ、コンシーラーをたっぷりと使用してしまうと、不自然に見えてしまうので注意が必要です。

コンシーラーにはスティックやリキッド、クリームなど、さまざまなテクスチャーのものがありますが、自分の使いやすいタイプを選びましょう。

肌に近いカラーを選ぶことで、眉毛が目立ちにくくなります。

前髪を伸ばして隠す方法も

ボサボサ眉毛は前髪を伸ばして隠すこともできます。
眉毛がボサボサに見える期間はそこまで長くないので、短期間であれば前髪で十分カバーできます。

ただ、前髪がない方にとっては眉毛をそのまま放置するのは難しいのが現状です。
その場合は、コンシーラーやパウダーを利用してボサボサした眉毛を隠すことをおすすめします。

外出する機会が少ないのであれば、帽子などを深めに被って隠すのもよいでしょう。

眉育して綺麗にしておく

眉育とは、眉毛が綺麗に生えてくるようにケアすることです。
眉毛サロンに行くまでの期間は眉育を実施することで、自眉を活かしたデザインを作れるようになります。

眉毛も、他の皮膚と同様にホコリや紫外線による刺激を受けます。
しっかりと保湿をしたり、眉毛マッサージで血行を促進したりして、綺麗な眉毛を生やしましょう。

洗顔をする際も、眉毛を意識して洗浄することが大切です。

ボサボサ眉毛にしてまで眉毛サロンに行くべき?

眉毛サロンにいくまでに眉毛を伸ばす必要があることを説明しました。
しかし、ボサボサ眉毛にしてまで眉毛サロンに行くべきなのでしょうか?

セルフケアとメイクが大変

眉毛サロンに行くまではボサボサ眉毛のセルフケアとメイクが大変です。
眉毛サロンにいくことで綺麗な眉毛を手に入れることができ、垢抜けることも可能です。

一方で、眉毛サロンにいくまでの2週間の間、眉毛を剃りすぎないよう慎重にケアしたり、ボサボサの眉毛を隠すためのメイクをする必要があるというデメリットもあります。

このようなデメリットを考慮した上で、眉毛サロンに行くべきかを判断すると良いでしょう。

アートメイクならばボサボサ眉毛にしなくてもいい

ボサボサ眉毛になるのが嫌だという方は、アートメイクという手段もあります。
アートメイクとは、一体どのような施術なのでしょうか?

眉毛が短くても施術できる

アートメイクとは、専用の針で皮膚のごく浅いところに色素を入れる施術のことです。
眉毛をはじめ、リップやアイライン、生え際などに色素を入れることができます。

アートメイクは眉毛サロンと違って、眉毛が短い状態でも施術することが可能です。
さらに、自分の好みのデザインを選べるので、理想の眉毛をゲットできます。

ただ、ある程度のコストがかかりますし、人によっては痛みを感じることがあるので、デメリットについても理解を深めることが大切です。

1~3年は持つので手入れがし易い

アートメイクは1〜3年効果が持続します。
眉毛サロンの場合は、眉毛が生えてきたら再度手入れする必要がありますが、アートメイクは綺麗な形を維持できるのです。

ただ、1〜3年は形を変えられないので、デザインに飽きてしまうという方も存在します。
どのようなシーンでも馴染むような、飽きのこないデザインにすることが重要です。

一方、アートメイクはすっぴんでも眉毛がある状態を保てますし、メイクが楽になるので、眉毛の手入れが面倒という方に向いています。

まとめ

今回の記事では、眉毛サロンに行こうと考えている方に向けて、眉毛サロンに行く前のボサボサ眉毛の隠し方や、眉毛を伸ばさないといけない理由を紹介しました。

眉毛サロンにいくことで、理想のデザインを作れますし、左右バランスの取れた眉毛を目指すことができます。

しかし、眉毛サロンにいく2週間前からは眉毛を伸ばさないと、綺麗な眉毛を作れないかもしれません。

ボサボサ眉毛が気になる方は、前髪で上手く隠したり、コンシーラーやアイブロウパウダーなどを利用し、カバーすることをおすすめします。

また、眉毛サロンのために眉毛を整えるのが大変という方にはアートメイクもおすすめします。

エムビューティークリニックでは、眉毛のアートメイクを行うことができます。
経験豊富なアーティストが多く、一人一人に合わせた眉毛のデザインを提供することができます。
ぜひ一度、足を運んでみて下さい。

この記事の監修者
エムビューティクリニック 理事長 長宗我部 真侑
プロフィール
  • 平成23年3月 東海大学医学部医学科卒業
  • 平成25年3月 順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床研修医修了
  • 平成28年3月 順天堂大学大学院医学研究科博士課程修了
  • 平成28年4月 順天堂大学医学部 助教
  • 平成30年5月 医療法人社団順真会理事長就任
カウンセリング専用ダイヤル
0120-703-114
0120-703-114
受付時間 11:00~20:00 休診日 不定休
Page TOP