Beauty Column

眉毛サロンで失敗したくない方必見!対処法やサロンの選び方をご紹介

眉毛は顔の印象を大きく左右するパーツです。
眉毛サロンで形の綺麗な眉毛を手に入れようと考えている方もいるのではないでしょうか?

眉毛サロンは顔の形や雰囲気を考慮した上で、カットやワックスで顔に似合うように眉毛を調整します。
そのため、自分で手入れするのが苦手、自分で手入れするとバランスが悪くなってしまう方などからも注目を集めているのです。

しかし、眉毛サロンを利用した人の中には失敗した人も一定数見受けられます。
今回の記事では、眉毛サロンで起こりやすい失敗について紹介するので、施術を受ける前に起こり得るリスクについて理解を深めることが大切です。

眉毛サロンで失敗してしまった

眉毛サロンで失敗したという人は一定数存在します。
それでは、眉毛サロンではどのような失敗が見られるのでしょうか?

眉毛の幅が細すぎる

眉毛サロンでよく見られる失敗の一つに、眉毛の幅を細くされてしまったケースが挙げられます。
理想より太い場合は、後からでも調整できますが、一度細くされてしまうと、眉毛が再び生えてくるのを待つ必要があります。

細くなった部分をカバーするためにアイブロウペンシルなどで対応する方も見受けられますが、毛がないので平たい仕上がりになってしまうのです。

眉毛の太さは1ミリ程度の誤差があるだけでも、違和感を覚えることがあるので、担当の方に理想の眉毛幅を明確に伝えることが求められます。

しかし、眉毛サロン側もサロンによっては事前の打ち合わせを入念に行わず、カットし終わってから幅の短さに気づくケースもあります。

希望通りのデザインにならなかった

スタッフの提案に完全に従ってしまい、思い描いていた理想のデザインにならないという失敗が見受けられます。

どのような眉毛のデザインが似合うか客観的に判断してもらえる点は眉毛サロンのメリットですが、自分がこだわりたいポイントもしっかりと伝えることが大切です。

例えば、キリッとした細眉にしたかったのに、トレンド感のある平行眉にされてしまったというケースが挙げられます。

場合によっては後から調整することは可能ですが、後悔しないためにも仕上がりイメージをしっかりと伝えましょう。

ワックス脱毛で痛みがあって嫌だった

眉毛の形を調整するために、ワックス脱毛が利用されることがあります。
ワックス脱毛は脱毛する部分にワックスを塗り、上からペーパーを貼って一気に剥がす方法です。

まず、ワックス自体に熱があり、熱さに慣れるまで時間が必要になります。
また、ワックス脱毛は複数の毛を一気に抜くため、ある程度の痛みが伴います。

痛みの感じ方は個人差がありますが、痛みを感じるため毛抜きでの自己処理を普段から好まない人などは注意が必要です。

施術が下手で仕上がりに満足いかなかった

担当者の経験・スキル不足などが原因で、仕上がりに不満を感じる人が存在します。
中には自分で処理した方がよかったと感じる人もいるようです。

また、施術を受ける側が思い描いているイメージを汲み取るスキルも重要な役割を担います。
カウンセリング時にミスコミュニケーションが生じてしまうと、理想の眉毛を手に入れるのが難しくなってしまうのです。

そのため、眉毛サロンを選ぶ際はどのような人が担当するか、どれくらいの実績があるか確認することをおすすめします。

お金がもったいないと思う内容があった

眉毛サロンで施術を受けた方の中には、仕上がりがコストに見合わないと感じる人もいます。
自分で処理する場合は、シェーバーや毛抜きなどにかかる費用で済みますが、眉毛サロンに通うとそれなりのコストがかかってくるのです。

さらに、納得のいく仕上がりにならなかったのにも関わらず、高いコストを支払うと考えると損をしていると感じてしまいます。

眉毛サロンを選ぶ際は、コストと仕上がりのバランスがよいところを選ぶとよいでしょう。

眉毛サロンで失敗してしまったら

眉毛サロンで失敗してしまったらどのように対応すればいいのでしょうか?ここでは、対処方法を紹介します。

アイブロウペンシルやパウダーを使って自分で書く

眉毛サロンで施術を受けた後に外出する予定がある、眉毛が生えるまで待てないという方は、アイブロウペンシルやパウダーを使ってカバーしましょう。

長さが足りない、形を調整したいなどの場合でも、メイクの力で自分の理想とする眉毛に近づけることができます。
ただ、上手くカバーできるかは施術後の眉毛の状態やメイクスキルによって変わってきます。

眉毛の流れに沿って1本ずつ書き足していくと、自然な仕上がりになります。
また、パウダータイプもあわせて使用することで、より自然な仕上がりを目指せます。

眼鏡や帽子、前髪で眉を隠す

眼鏡や帽子、前髪などで眉毛を目立ちにくくすることも可能です。
眉毛が伸びて再び調整できるまでの一時的な対処法といえるでしょう。

眼鏡は眉毛を完全に隠すことは難しいですが、視線を眉毛から逸らすことができます。
帽子は深めに被ることで眉毛を隠せますが、ビジネスシーンなどでは着用するのが難しい可能性があります。

また、前髪がある人は前髪を下ろすことで眉毛を見えなくすることができます。

眉毛が伸びるのを我慢して待つ

眉毛はいずれ伸びると割り切って、伸びるまでの期間我慢する人もいます。
眉毛が生えてくるまでの期間には個人差がありますが、3〜4週間程度が目安です。

例えば、大学の授業がオンラインである方や、リモートワークで働いている方は直接人に会う機会が限られているので、特別な対処をしなくてもよいかもしれません。

一方、何か大事なイベントがある方や、仕事や学校で人に会う必要がある方は、メイクなどしてカバーするとよいでしょう。

眉毛サロンで眉毛のデザインを失敗しないためには

眉毛サロンで失敗せずに理想の眉毛を手に入れるためにはどうすればいいのでしょうか?ここでは、眉毛のデザインを失敗しないための方法を紹介します。

細かい産毛を残すカットの施術にする

ワックス脱毛などを選ぶのではなく、細かい産毛を残しやすいカットの施術を選ぶのも一つの選択肢です。
細かい産毛を残すことで、自然な仕上がりになりますし、後から調整することもできます。

ワックス脱毛の場合は、特定の場所の眉毛を一気に抜くため、産毛などが残りにくくなるのです。
ただ、逆に産毛を残したくない人には有効といえます。

また、シェーバーやカミソリで整える場合も剃られすぎてしまう可能性があるので、カットをおすすめします。

口コミや友達がすすめるデザインにする

口コミや友達おすすめのデザインを参考にするとよいでしょう。
口コミで評価されているデザインであれば、そのサロンが得意とするデザインである可能性が高いですし、一般受けする眉毛を目指せます。

また、実際に施術を受けた友達の話を聞いて情報を集めるとよいでしょう。
サービスの質や仕上がりなどを確認して、良い眉毛サロンか判断するとよいでしょう。

痛みの少ない施術内容を相談する

眉毛サロンで痛みのある施術を避けたい方は、事前に施術内容を確認することが大切です。
カウンセリングや予約時に痛みの少ない施術を希望していることを伝えましょう。

ワックス脱毛や毛抜きなどの痛みが伴う施術もありますが、カットやカミソリなどであれば痛みを感じることはほとんどありません。

ただ、それぞれの脱毛方法にメリットとデメリットがあるので、それらを理解した上で施術を受けることをおすすめします。

自分が求める眉毛を把握しておく

スタッフの提案通りに施術を受けたら、理想の眉毛にならなかったという失敗があります。
そのような失敗を防ぐためには、自分が求める眉毛を明確にしておきましょう。

例えば、メイク雑誌などを見て、自分がよいと思う眉毛の傾向を把握するとよいでしょう。
平行眉なのか、細めのデザインなのか、カラーは何色なのか、細かく確認していくことが大切です。

理想の眉毛がわかったら、眉毛サロンのスタッフに画像などを見せながらわかりやすく伝えましょう。

眉毛手入れに費やす時間を考える

眉毛サロンの費用に見合う眉毛を手に入れられなかったと感じる人も存在します。
中には、自分で手入れをするのとあまり変わらないと感じる人もいるのです。

そのような場合は、自分で眉毛の手入れを行う場合を考えましょう。
自分で理想の眉毛を手に入れるために手入れするとなると、ある程度の時間を費やします。

しかし、眉毛の手入れに慣れている眉毛サロンで代わりに手入れしてもらうことで、時間を節約することができます。
そのため、時間も含めてコストが高いかどうか考えることをおすすめします。

返金ややり直しができるか確認する

眉毛サロンによってアフターフォローの内容が変わってきます。
そのため、返金や修正対応をしている眉毛サロンを選ぶことが大切です。

失敗した場合でも返金してもらえるのであれば納得できるケースもありますし、修正対応してもらえるのであれば理想の眉毛を手に入れる可能性があります。

また、修正対応をする場合は無償なのかあわせて確認しましょう。

眉毛サロン選びも重要

眉毛サロンによってスキルやサービス、アフターフォローなどが大きく異なります。
眉毛サロンで失敗しないためにも、慎重に眉毛サロンを選ぶことが重要です。

眉毛サロン選びを失敗しないコツ

眉毛サロンで失敗しないためには、以下のポイントを意識することをおすすめします。

・施術実績やお店の様子をチェックする
・口コミをチェックする
・必ず問い合わせができるかチェックする

まず、眉毛サロンの施術実績や店舗の様子を確認しましょう。
しっかりと設備が整っているか、どれくらいの経験があるかチェックすることが大切です。

また、インターネットの掲示板や実際に施術を受けた人、眉毛サロンに詳しい人の口コミも確認するとよいでしょう。
眉毛サロンの公式ページだけではわからないリアルな感想を知ることができます。

さらに、眉毛サロンの信頼性を確かめるために、問い合わせできるかチェックすることが重要です。
中には問い合わせができない、信頼性に疑いのある眉毛サロンも見受けられます。

アートメイクも合わせて検討するのがおすすめ

眉毛サロンのデメリットを一部解消しているのがアートメイクです。
もちろん人によってこだわるポイントは異なるため、何が最適な選択肢になるのかはケースバイケースですが、アートメイクが好ましい方もいるでしょう。

眉毛の幅が細すぎると感じた方

例えば、眉毛サロンで、幅が細すぎるという失敗を感じてしまった場合。
理想より太い場合は、後からでも調整できますが、一度細くされてしまうと、眉毛が再び生えてくるのを待つ必要があり、眉毛サロンでの失敗としては致命的です。

しかし、アートメイクであれば、後から書き足すだけであるため、簡単に太くすることができます。

希望通りのデザインにならなかった方

思い描いていた理想のデザインにならないという失敗が見受けられます。
眉毛サロンは、サロンによって下取りのデザインを鏡で確認していないケースがあります。
スタッフの判断で、事前確認をせずに、希望に合う眉毛を施術するところまで行ってしまうのです。

もちろん、サロンによって異なるため眉毛のデザインをしっかり確認できる場合もありますが、眉毛サロンの一般的な施術時間は60分程度であるため、あまり時間をかけてデザインにこだわれないのは事実でしょう。

しかし、アートメイクであれば、医療行為であるため、麻酔などを伴う大掛かりな施術になります。
このため、時間も十分にとってあるケースが多く、2~3時間程度かかるクリニックが一般的です。

デザインを決めることにも時間を使うため、希望通りのデザインが叶いやすいのです。

ワックス脱毛で痛みがあって嫌だった方

眉毛の形を調整するために、ワックス脱毛が利用されることがありますが、そのほとんどで麻酔は使用されません。
しかし、アートメイクでは、麻酔を行うため、痛みが軽減できます。

もちろん、痛みには個人差があるため、人それぞれですが、麻酔がある分、どの方も痛みを感じすぎないメリットがあるでしょう。

施術が下手で仕上がりに満足いかなかった方

担当者の経験・スキル不足などが原因で、仕上がりに不満を感じる人が存在しますが、眉毛サロンであっても、アートメイクであっても、個人が行っている以上、同様に不満が生まれてしまうのはある種避けられないと言えます。

しかし、アートメイクのアーティストは医療従事者であり、資格を持っている人間ですので、アートメイクの施術にかけてきた時間が長く、多くの施術実績があります。
エムビューティークリニックでは、医師の管理の下でトレーニングを受けた医療従事者がアートメイクを行います。

まとめ

今回の記事では、眉毛サロンで起こり得る失敗について説明しました。

理想的な眉毛を手に入れたいと思い、眉毛サロンを利用したものの、全く違うデザインにされてしまったなど、眉毛サロンで失敗する人は一定数存在します。

施術を受ける前にこのような失敗が起きる可能性を知っておくことが大切です。

眉毛サロン選びを慎重に行い、理想の眉毛を担当者に明確に伝えるなどして、失敗しないように工夫することをおすすめします。
また、失敗してしまった場合でも眉毛が伸びるまでの間、メイクや帽子などでカバーすることが可能です。

しかし、どうしても失敗は伴います。
アートメイクに興味があるという場合は、ぜひエムビューティクリニックにお問い合わせください。

この記事の監修者
エムビューティクリニック 理事長 長宗我部 真侑
プロフィール
  • 平成23年3月 東海大学医学部医学科卒業
  • 平成25年3月 順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床研修医修了
  • 平成28年3月 順天堂大学大学院医学研究科博士課程修了
  • 平成28年4月 順天堂大学医学部 助教
  • 平成30年5月 医療法人社団順真会理事長就任
カウンセリング専用ダイヤル
0120-703-114
0120-703-114
受付時間 11:00~20:00 休診日 不定休
Page TOP